覚えておきたい!冠婚葬祭にかかる諸費用

これで大丈夫、冠婚葬祭にかかる費用のはなし

冠婚葬祭っていったい何のこと

結婚式に呼ばれたけど、お祝いやご祝儀はいくらくらい持っていけばいいのか。 相場としてはいくらなのか。 いくら持っていけばマナーとして良いのか。 いざ、結婚式に呼ばれると気になる事って様々ですよね。 そんな、皆さんの気になる疑問事をまとめました。 結婚式に行く前に一度、こちらの記事を参考にしてください。

結婚式に必要な諸費用

冠婚葬祭って言葉をよく聞きますが、一体何のことかご存知でしょうか。
難しく言えば、人が生まれたり亡くなったりする事への、その後に行われる家族的行事の事を指します。

一つ一つの漢字に意味があります。
冠は成人式を指します。
成人式を迎えた親族に、お祝いの品や金を送ったりします。
婚は結婚式を指します。
結婚式は一大イベントであり、費用もかなりかかってきます。
結婚式や披露宴を行う新郎新婦側、結婚式や披露宴に呼ばれた側、様々なところでお金がかかってくる大きな行事の一つです。
なので、マナーや約束事がたくさんあるので、覚えておきたいですね。
葬は葬式の事を指します。
遺体の納棺から、葬儀、火葬、納骨までの一連の流れの費用であったり、故人の葬式に呼ばれて持っていく香典などがあります。
祭は、法事であったりお盆など、先祖をおまつりする事の全般を指します。
法事でも、何回忌などで親族が集まったり、様々な費用がかかってきます。

日本人にとって、冠婚葬祭はみんなが関わることであり、関わらずに生きていく人はまずいないと思います。
冠婚葬祭のマナーであったり、ご祝儀、ご香典などのマナーなど、たくさんのマナーがあります。
それを知らないまま呼ばれて行き、常識がなってない、恥ずかしい目に合うなんてこと、あるかもしれません。
しっかりと、冠婚葬祭についてのマナーの知識を調べて理解しておくことで、どこに呼ばれても恥ずかしくないようにしておきましょう。

おすすめリンク

お葬式にかかる諸費用

お葬式の形も、いろいろとあります。 家族だけの家族葬、親しい方や職場関係の方にも来ていただく一般葬。 故人の人柄や、家族の大切な人の死というのは、ほんとに悲しいものですね。 お別れの形は、人それぞれで、たくさんあります。 なので、かかってくる費用も様々です。

冠婚葬祭のマナーって

冠婚葬祭と言っても、いろいろな日本の文化からくるマナーがたくさんあります。 そんなマナーや常識を知らずに過ごしていると、いざこういう場面に行く機会があった時に、焦ってしまいますよね。 皆さんが、知ってるようで知らない冠婚葬祭のマナーや常識についてまとめました。